さくらスポーツクラブ設立の経過

空手の練習

スポーツスクール バスケットボール

私たちが、さくらスポーツクラブを設立しようとした動機は、学校開放の長い歴史の蓄積で小学生を取巻くスポーツ環境の一定の充実を、中学生以降のスポーツ環境の充実に向けて支援できないかというのが出発点です。

もちろん、特定のチームに所属しなければ体育施設が使用できないという学校開放の限界というのも感じていましたし、「スポーツは好きなんだがあまりうまくないんで」と尻込みしている方にもスポーツをする楽しみを共感していただきたい。そんな思いもありました。私たちのさくらスポーツクラブ設立の取組みは、平成11年10月に始まり、半田市の成岩スポーツクラブ、鯖江市のさばえスポーツクラブや山直スポーツクラブの視察、三重大学の水上先生のお話などを聴くなかで、なんとなく総合型スポーツクラブというものがわかったなあという感じになっていました。

その後、平成13年2月から始まった準備委員会では、熱意は満々でしたが、議論は手探りの状態、行ったり来たりでなかなか進まず、平成14年になりあわただしい中で、運営委員の選出、会費や規約の決定、スポーツスクールのプログラム作成などを行う中で、会員募集をみんなの協力と頑張りで何とかこなしてきた、というのが実情です。

さくらスポーツクラブは、まだできたばかりで不十分な部分がたくさんありますが会員の皆さんの声を聞きながらよりよいものを目指してまいりたいと思いますのでよろしくお願いします。

クラブの目的

① 地域の連帯意識の高揚、生活拠点の構築及びコミュニティライフを創造し、
  人間味豊かな街づくり、人づくりによるふるさと創生に尽くす。

② スポーツを通じてこども達の健やかな人間成長と共に親子のふれあい、
  世代間の交流により、地域社会の活性化を促進する。

③ 多種、多様な生涯スポーツ活動を通じて、人間性の回復と高齢者の健康維持増進を図り、
  達成感、生きがいを見いだす。

④ スポーツに親しみ楽しむ場を提供し、青少年の健全育成に寄与する。

⑤ クラブハウスを活用し、体力作りの場、くつろぎの場、交流の場を提供する。

主な事業

① さまざまな種目の成人向けスポーツサークルや、子供向けのスポーツスクール事業

② 地域皆様との交流として、夏祭り、秋の大運動会、冬の地域ふれあいデーを開催

③ 年2回、ファミリースポーツ大会開催

④ 年2回は、何か楽しいことを行うイベント事業

クラブの運営

さくらスポーツクラブは、会員の自主的な運営によって活動しています。
会員一人一人を大切にし、会員の要望や意見を反映するために次のような体制で運営しています。


クラブハウス・利用体育施設

■ クラブハウス 『パティオ』

クラブハウス開放時間
受付時間又は事務職員在中時間

火~金

土曜日

13:00 ~ 17:00
19:00 ~ 21:00
9:00 ~ 12:00

事務室やシャワー室、広さ56㎡の多目的室などがあり、エアロバイクやランニングマシンなど体力作り、会員交流の場として利用しています。

■ 寿栄小学校体育館、グラウンド

体育館・照明設備を有するグラウンドでは、バレーボールや卓球、バドミントン、少年野球、サッカー、ソフトボールなど10種目12チームのサークルに加え、 小学生や中学生を対象としたバスケットボール、バレーボールなど さまざまなスポーツスクールを行っています。